ジュエルネイル シルバーラメ

すっかり寒くなってきました。

とはいえ、今年は暖冬でしょうか。

毎年この時期は、朝の畑の野菜は凍えていましたが、

そんなに寒そうではありません。

冬ネイルです。

00001 雪がちらちら舞っている感じにしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュエルネイル カラフル

フットネイル。

足元は明るい色が好き。

ピンクにオレンジにブルーの組み合わせなんて、

決して洋服では私には着こなせない色です。

ネイルで楽しみます。

00149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうか、もう君はいないんだね

昨日shantyがこの世を去った。

あっという間の出来事だった。

朝は歩いていたのに、夜、静かに静かに逝ってしまった。

よく“安らかな死”って言うけど、本当に眠るようだった。

悲しくて悲しくてたまらないよ。

玄関を開ける時、脱走しないようにそーっと開けちゃうし、

台所に立っていると、ご飯をおねだしに来てるかなって振り向いちゃうよ。

君がいない事に、ゆっくり慣れていっちゃうんだろうな。

大好きだったよ。愛していたよ。

愛されてたってわかってくれていたのかな。

君に逢えて本当に本当に幸せだったよ。

きみ以上のパートナーには出逢えそうもないから、もう猫はいいや。

shanty、本当にありがとね。

Shanty_004

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お注射

shantyと私の毎日の日課になったお注射。

最初は怖くてしかたなかったけれど、shantyもそんなに痛がらないので、

ちょっと慣れてきた。

200938_001_2

慣れないのは、ほんのちょっとの糖尿病食。

目が合うと、自分のお皿の前にどしんと座っておねだり。

これが一番辛い、、

食べさせてあげたくてもあげられない、でもあげちゃう?

私の心を見透かして、ここでshantyは”にゃ~ん”と言う。

いつもより数段可愛らしい声で。

押しに弱い私にそんな事をしないでよぅー!

治療を始める前は、おいしい物も食べられないで長生きしてもshantyが

可哀そうと想っていたけれど、元気になってきたshantyを見ていると

“長生きしてね”と欲が出てきて、、

お願いだからそんな顔して私を見ないでよ、shanty.

Shanty_004_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おかえり❤

shantyがやっと病院から帰って来た。

おかえり。

気分はどう?

早速家の中を探索するshanty。

お気に入りの場所。

お気に入りの毛布。

いろんな事を確かめてる。

そして、私の部屋のアジアン家具。

何故かこの独特の匂いが大好き。

くんくん。

安心した?

君の家だよ。

帰って来たね。

うれしいよ、すごく。

ありがとう、shanty。

2009218_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切ない、、

糖尿病のshanty。入院10日を過ぎた。

逢いに行っても何故かshanty、後ずさり、、

な、何でー!?

人間なら、良くなる為に治してもらっているんだって想うけど、

猫のshantyは、狭い檻に入れられて、わずかの糖尿病食しか食べられなくて、

朝晩注射打たれて、検査されて、元捨て猫のshantyは、心にたくさんの傷を

負っているのだろうから、またいろいろ想い出したり、また捨てられちゃったって

想っちゃっていたりしていないだろうか、、?

人間だってストレスフリーになる事が難しいのに、shanty大丈夫かな?

早くなでなでしたいよ、shanty、、❤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糖尿病!!

この頃shanty冬なのに痩せたなぁー、何か元気ないなぁー、

で、軽い気持ちでお医者さんに。

”糖尿病です”

がーん!!

どうしよう、、

”このまま放っておいたら死にます。毎日インシュリンを注射して、糖尿病食のみを

食べていれば命は続きます。”との事。

まだ一緒にいたいよ。

でも、どうしたい?shanty、君はどうしたい?

毎日注射して、お腹いっぱい食べられなくてもいい?

毎日痛い事する私を嫌いにならない?

君の幸せは何?

君と話がしたいよ。

20071229_007_4

只今入院中、、

とにかく早く帰ってきてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット?

体重計に乗るshanty

2009210_003

食べ過ぎたの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い夜

愛想がなくて、わがままで、気が強くて、全くもうー!なShanty。

野良ちゃんだったこの子を連れて帰って来た頃よりは、

随分心を開いてくれたけど、、

お医者さんいわく、”虚勢もしてあるし、純のペルシャではないだろうか、、のShanty。

そんな子が野良になって、どんな経験をしたのだろう、、

すっかり性格がひん曲がっちゃっていた。

でも、こんな風に寄り添ってくれる事もある。

そして、私は、ズキューンとやられちゃう、、

20081020_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛玉ちゃん

これ何?毛玉?



くつろぎ中のshanty❤



か、かわいい、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧